会社を知る 社長メッセージ

誠意と熱意を持った、ガッツある仲間を待っています。

JR西日本は毎日約9,000本の列車を運行し、約500万人のお客様にご利用いただいております。列車の安全安定輸送のためには、強電・弱電関係を含め多くの電気設備の安定稼働が大前提であり、今後の安全性向上や高密度で安定的な列車運行を支えるためには、電気設備の果たす役割はますます大きくなっていきます。
現在当社は、JR西日本の鉄道電気設備検査のすべてを担っています。営業を開始した2005年と比べると、完成工事高は約3倍にまで拡大しました。今後は検査だけにとどまらず、簡易修繕工事やレール等鉄道設備の付帯作業にも取り組んでいき、JR西日本グループの中で、より大きな役割を全うしていきたいと考えています。
そのためにも、ベテラン社員から若手への技術継承をきちんと行い、確実な「世代交代」を進めていかなければなりません。集合研修から計画的なOJT、自己啓発にいたるまで、さまざまな研修メニューを通して、若手社員が着実にスキルアップできる環境は整えています。あとは皆さんが、それらを利用して、どこまで自分自身を磨き上げられるかです。
当社の仕事の先には、常に鉄道を利用されるお客様の存在があります。「安全」という言葉の重みと誇りを胸に、すべての仕事に誠意と熱意を持って取り組める、ガッツのある仲間を私たちは待っています。

代表取締役社長 横山佳史