検査という常に真剣勝負の場で自らの技術を磨く。

信号通信部門 信号設備 STAFF

酒井 遼 Ryo Sakai

JR西日本 米子支社 米子電気区出向中 2013年入社

出向先での経験を通じて当社業務の重要性を再認識

人を知るについてのイメージ

世界でも有数の信頼性を誇る日本の鉄道。その最前線で安全運行を守る仕事に魅力を感じて入社を決めました。また、将来のことを考えると、鉄道に関する技術革新などを通じて、さらに大きなチャンスをつかめるかもしれないと考えました。
現在、JR西日本に出向して、電気設備の管理業務や修繕工事の業務に関わっています。業務の幅は広く、現場での設備調査や工事図面の作成、検査結果の確認や関係者との打合せなどを行っています。出向を通じて設備管理に関わる業務に幅広く携わることで、これまで見えていなかった仕事全体の流れが分かるようになりました。
加えて、当社の検査・修繕業務がJR西日本の安全安定輸送を守る上でいかに重要であるかをあらためて理解することとなり、入社前にイメージしていた仕事の使命をしっかり果たすことで、鉄道の発展に貢献できることが何よりもやりがいにつながっています。

不具合の予兆を的確に判断できるのが技術者

人を知るについてのイメージ

電気設備の検査というと、問題の有無をチェックするだけと思われがちですが、そう単純なことではありません。私たちの仕事で重要なのは検査データから、設備の不具合の予兆を見つけだすことです。仕事を始めた頃は、踏切に設置されたスピーカーの劣化状況を正確に把握できなかったという苦い経験をしました。今はまだ問題がなくても、近い将来、故障する可能性がある予兆を見つけ出すことにこそ、技術者の真の力量が求められます。これには知識に加えて経験が必要で、日々の検査業務を通じて一つひとつ身につけていくことが欠かせません。また、判断基準について先輩方から学ぶことも多く、さらなる向上心につながっています。

人を知るについてのイメージ

検査に関して判断を誤れば重大事故につながる恐れがあるため、常に真剣勝負の世界です。それだけにトラブルの予兆を自ら見つけ出し、対処できたときは、やりがいと成長を実感します。今後は現場での検査業務でさらに実務を経験し、電気設備に関して誰からも信頼される技術者を目指したいです。

  • ある日のスケジュール
  • 入社からのキャリア