安全安定輸送に欠かせない信号通信設備を守る。

信号通信部門 信号設備 STAFF

神部 將範 Masanori Kanbe

和歌山支店 技術課 担当課長 2007年入社

業務を安全かつ的確に行うための技術指導を担当

人を知るについてのイメージ

学校で学んだ電気関係の知識を直接活かせる仕事を探していたところ、鉄道電気設備の検査を専門に手がける当社に出会いました。鉄道保守の最前線で活躍・成長していく将来像をイメージできたことが入社した大きな理由です。
現在、信号設備や通信設備の検査・修繕業務を担当しています。作業を行う当社社員や協力会社作業員への技術指導を行うとともに、指導に必要となる資料の作成が主な仕事です。また、関係各所の会議への出席のほか、業務を進める上で必要な情報の収集も欠かせません。
技術指導で心がけているのは、自分の考えを相手に分かりやすく伝えることです。若手からベテランまでさまざまな世代が一緒に仕事を行う中で、業務上のルールや取り組み事項を正しく伝えることが欠かせません。必要な情報を全員に周知徹底し、組織として一丸となって取り組むことで、より良い仕事を追求できるように心がけています。

検査業務の枠を超えて専門的な知識を学ぶ

人を知るについてのイメージ

信号通信部門の業務は、名称の通り鉄道に関わる信号や通信の設備を検査・修繕するのが仕事の中心です。だからといって、この分野だけの知識があればよいというわけではありません。専門家として成長していくには、電気以外の部門を含めて幅広い分野の技術を習得する必要があります。
私の場合、JR西日本への出向を通じて、貴重な学びの機会を得ることができました。京都電気区では設備の障害復旧についてのノウハウを学ぶとともに、検査だけではなく工事に関する専門的な知識を得ました。

人を知るについてのイメージ

また、保安システム室では車両や施設など電気と異なる部門の結びつきについて学びました。業務を通じて鉄道システムを大局的に見ることができたことで、自らのレベルアップにつながりました。
今後は自分が学んだことを組織の中で共有していくことが大切だと考えます。そして、当社の仕事に関わるすべての人々とともに、検査業務の品質向上に努めていきます。

  • ある日のスケジュール
  • 入社からのキャリア